埼玉県、東京都にてパチンコ店を運営するフォーシーズン

スタッフインタビュー

 

本社スタッフから店舗スタッフへのインタビュー

 

 

 

 

 

 


皆さんの入社のきっかけを教えて下さい

 

田篠
とにかく接客業の仕事をしたいと考えていました。入社する際は、説明会兼、集団面接の様な特殊な形式だったのを覚えています。もともと根暗な性分だった私は、学生時代にコンビニのアルバイトと半ば強制の運命的な出会いを経て、人として変わる事が出来ました。そんな自分が変われた『接客業』に従事したいという気持ちをとにかく伝えました。

 

小椋
マイスポーツ館でアルバイトをしながら、就職活動をしていましたが当時の店長から社員登用のお話しをいただいたことがきっかけでした。アルバイトとして1年弱働いていましたが、社員もアルバイトスタッフも和気あいあいとした雰囲気で大変楽しい職場でやりがいを感じながら働いていましたので、社員のお話しをいただいた時は大変うれしかったです。

 

関野
大学卒業後、就職するなら自分の好きな事に触れたいと思いながら就活浪人を半年ほど過ごしていました。元々パチンコ、スロットが好きだったこともあり、アルバイトをしながらハローワークに通っていてネット検索でフォーシーズンを見つけ、採用の問い合わせ後に面接を経て入社しました。

 


入社して、始めに直面した大変だった出来事は何ですか?

 

小椋
お客様のお名前を覚える事が一番大変でした。 今もお名前を覚えるのが本当に苦手で苦労しています。 ただ、覚えたお客様とは積極的にお話しをするように心がけています。直接お客様のお名前を呼んでお話しする事で、顔と名前が一致して記憶に残りやすいからです。また、お話しをする中でお客様の事がわかってくると来店いただいた時に更に会話がしやすくなり、お客様からは店へのご意見も聞かせていただけるようになります。大変な思いをした先にやりがいのようなものを感じる事が多いです。

 

 

関野
まずは周りのスタッフに迷惑かけない事ばかりを考えていました。 分からないことだらけなのは当たり前なのですが、とにかく早く仕事を覚えて、周りに馴染みたい気持ちでいっぱいでした。 無駄なプライドが邪魔して早く仕事ができるようになりたいと必死だったことを思いだします。

 


どのくらいから楽になりましたか? 馴染めたと思いましたか?

 

関野
自分でいうのもなんですが、体を動かす仕事などは得意だったので、ホールに出てから1ヶ月くらいで馴染めたと思います。

 


田篠さんには入社して始めに直面した嬉しかった出来事を聞いてみましょうか

 

田篠
お客様に「あなたがいるから遊びに来る」と言ってもらえた時です。接客業をしている上で最高の言葉をいただいたと忘れられないです。今でも、少しでも多くのお客様に「行きたいお店」と思っていただけるようなそんな最高のサービスが提供できればと常々考えています。

 


関野さんが嬉しかった事は?

 

関野
初めてホールへ出た時に一人の女性客から「あなた新人よね? 頑張ってね!」と声を掛けて下さったことです。 その時、まだ緊張していたのですがその一言がとても嬉しく「よし、頑張ろう」という気持ちになりました。

 


では次に皆さんが仕事をする上で大事にしている事を教えて下さい

 

関野
アルバイトスタッフとのコミュニケーションを大事にしています。店舗はホールやカウンターのスタッフを始め、清掃のスタッフ駐車場誘導員、など沢山のアルバイトスタッフの働きによって成り立っています。お客様と一番接するのもアルバイトスタッフです。そのアルバイトスタッフとのコミュニケーションは社員である私にとっては大事な仕事の一つと考えています。現在私は一般職でアルバイトスタッフとの距離が一番近い存在だと思っています。 だからこそ、出勤してその日にいるアルバイトスタッフとは必ず仕事の話しや仕事以外の話をしています。 そしてアルバイトスタッフから何か声が上がった時には早めの対応を心がけています。

 

小椋
今大事にしている事は『仕事のスピード』です。 クオリティがいくら高くても、期日に間に合わなければもう必要ない事となってしまいます。 今はいろんな仕事に対してスピードを速く行う事を意識して、繰り返し繰り返し実践し、その仕事の出来ばえに対しても前回よりレベルアップしたかを確認しています。 その行動がアルバイトスタッフからの信頼に繋がると考えています。上手くいかない事もありますが、成果が出た時はその分達成感も大きく。自信にも繋がりますし、仕事も楽しくなりますよ。

 

田篠
周りの人間に信頼してもらえるような立ち振る舞いを心がけています。接客業と関係ないかもしませんが、社会的なマナーや人に対しての気遣いや心理的要素など学んだことはたくさんあります。その中でも『信頼』という言葉を経験上実際に学んだと思います。信頼を崩すことは、早くて容易ですが、築きあげることは、時間もかかり難しいこともあります。

 


店舗(会社)の自慢できる部分って何かありますか?

 

 

 

田篠
公私共に充実させることが出来る会社だと思います。自分自身も仕事上では日々成長を実感させてもらっていますし、また、私的な部分では上司と一緒にゴルフへ行ったり、飲みに行ったりと楽しい時間を過ごしています。
早番、遅番というシフト制の業種であるため全員揃っての行事はなかなか出来ないのですが、唯一年に1回の社員研修旅行では全店勢揃いで宴会は大盛り上がりです。また、年に数回、関連会社が集まってのスポーツ大会(ボーリングやフットサルなど)もあります。関連会社とはいえ異業種の方との交流も出来る事はいろんな意味で勉強になります。

 


最後の質問となります、今後の夢や実現したい事等を教えて下さい。

 

関野
「まずは班長になって責任者として周りから信頼される存在になる事です」
そして将来は
「店長になりたいです」

 

小椋
『店長になりたいです』 今は足りない部分が沢山ありますが、店長として1店舗を任せてもらえる人材に成長したいです。

 


小椋さんはどのような店長になりたいですか?

 

小椋
お客様からもスタッフからも信頼される店長になりたいと思っています。その為には、スタッフやお客様の要望に迅速に応え、それをしっかりと継続していくことが必要だと思っています。
趣味に関しては、子供の頃からモータースポーツに関心があり、大学時代には実際にレースに出たりしていました。余裕が出来たら本格的な物は出来ないにしても、カートに乗りに行ったり、レース観戦など、なるべくお金のかからない程度でやりたいです。子供が大きくなるまで無理でしょうけど(笑)

 

田篠
毎年“新しい自分”と“見えていなかった自分”を見つける事が出来ている気がします。これからも、もっと自身の新発見をしていきたいです。それと・・・結婚ツ!!!!!!!です。

 

 

 

 

 


スタッフインタビュー記事一覧

ホーム RSS購読 サイトマップ
企業情報 店舗紹介 採用情報 スタッフインタビュー 広報 フリーペーパー